カテゴリー ‘カラーの日・グッドカラー’

【Green】2017年の振り返り【グッドカラー】

2017-12-06

2017年も残すところ1か月半となりました。今回はグッドカラー2017にちなんで、グリーンで2017年を振り返ってみたいと思います。

Green「成長」

2017年夏には、日本のGDP成長率が過去最大というニュースが飛び交いました。また11月上旬には、26年振りに日経平均株価は2万3000円台を上回り、バブル崩壊後の株価としては久々に高値をマークしました。2017年の日本経済は「成長」の年であったのではないでしょうか。

Green「癒し」

女性を中心に、旅行に「癒し」を求めるトレンドがありました。例えば、海外旅行先においてはタイ・台湾・フィリピン等のアジアでスパを利用し、心身の健康を考えた国を旅先に選ぶ傾向にあったようです。国内旅行も都会への観光だけでなく、田舎の自然の中でしか体験できないようなツアーも人気だったようです。

また、ファッションにおいては、植物をモチーフにしたボタニカル柄・ナチュラルカラーが流行し、「癒し」を感じるデザインが人気でした。さらに、美容関連(アロマ、コスメ等)では、ナチュラル・オーガニック・ボタニカルがコンセプトの自然や「癒し」を感じる商品が目立ちました。

Green「環境」

近年様々な「環境」への取り組みがなされる中で、2017年10月東京都は2020年東京五輪・パラリンピックの開会式と閉会式の計4日間に、都内で排出される二酸化炭素(CO2)をゼロにする「東京ゼロカーボン4デイズin2020」を実施すると発表しました。同取り組みでは、企業のCO2排出枠を寄付してもらうことで、4日間の排出量と相殺する仕組みです。2年後にオリンピックを控え、官民一体となり、「環境」の未来を見据えた実施がなされています。

 

現在2017年のこのような世相を振り返りながら、「グッドカラー2018」を検討中です。発表は間もなくです。お楽しみに!

 

 

 

 

1月6日は「カラーの日」!(グッドカラー2017)

2017-01-04

1月6日は「カラーの日」!「グッドカラー2017」は「グリーンGreen」に決定!

 

一般社団法人ビジネスカラー検定協会(所在地:東京都千代田区、会長:徳永 美佳、以下 当協会)は、16=いろ(色)の語呂合わせから1月6日を「カラーの日」に設定し、「一般社団法人 日本記念日協会」の認定を受けました。 【カラーで日本を元気にする!Enjoy your color】をスローガンとして、日本中にカラーと笑顔が溢れて活力のある1年になるよう、毎年1月6日に、その年のグッドカラーを提案していきます。

 その年に積極的に取り入れていきたいカラーを提案していきます!

 

「グッドカラー2017」とは

「グッドカラー」とは、毎年1月6日の「カラーの日」に当協会が発表するその年の指標となるカラーのことです。前年の経済や社会情勢などの世相を反映させ、また新しい1年への希望や思いを織り込み、その年に積極的に取り入れていきたいカラーを提案します。日本中がグッドカラーの意味を知り、ビジネスやライフスタイルに活用することで、その効果が実感できる社会を目指します。

2017年のグッドカラーは「グリーンGreen」

「グリーンGreen」は「成長」「癒し」「環境」の色です。世界経済の先行きが不安定になり、今こそ日本が成長をとげ、世界をリードしていく時です。疲れた自分を癒すことで心身のバランスを整え、環境においても自利利他の精神で自然との共存を大切にします。当協会は、日本が更なる成長をとげる1年になっていくことを望み、2017年のグッドカラーを「グリーンGreen」といたしました。

●「グリーンGreen」の使用場面

(1) 身に付ける物

ネクタイ、スカーフ、カバン、アクセサリー、ハンカチ、携帯、財布、定期入れ など

(2)身の回りの物

文房具、ごみ箱、マグカップ、クッション、寝具、カーテン、キッチンツール、バス用品 など

(3) グリーンの設置

観葉植物、掛け時計、オフィス家具、PCの待ち受け画面、社内啓蒙ポスターなど

(4) キャンペーン等のイメージカラー、 カラーによるモチベーションの維持

(5) その他、カラーの選択に迷った時 2017年はグリーンを選ぶ